2022/04/28

プラスチック資源循環促進法

今年の4月1日から「プラスチック資源循環促進法」が施行されました。 これは近年、地球温暖化問題、海洋プラスチックごみ問題といった環境問題への対策の一つとして策定されたものです。 2019年5月に「プラスチック資源循環戦略」が策定され、具体的取り組みとして2020年7月にレジ袋の有料化がスタートことは広く知られていることですが、今回の「プラスチック資源循環促進法」はその第二弾とも言えます。 具体的には、プラスチックごみを削減するため無料で配られる使い捨てのプラスチック製品(特定プラスチック製品)について、提供方法の見直しを求めています。対象となるのは特定の業種で、コンビニ、スーパー、飲食店、テイクアウト・配達飲食業者等の業種ではフォーク、スプーン、ナイフ、マドラー、ストローを有償化する等の削減対策(提供の工夫)が求められています。 他の業種ではホテルなどでヘアブラシ、くし、かみそり、シャワーキャップ、歯ブラシの提供見直し、クリーニングなどで衣類用ハンガー、衣類用カバーの提供見直しが求められています。 弊社でも得意先様からの依頼でプラスチック素材を使用しているパッケージを紙製にすることや、プラスチックの使用率を減らすような取り組みを進めています。 環境に配慮したパッケージのご相談にも対応させていただきますので、お気軽にお問合せいただければ幸いです。 --
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷
ケーキ箱・ケーキボックスならハコセレブ
デザイン検証、消費者視線調査ならアイトラッキングリサーチ