2013年6月10日月曜日

お騒がせいたしました

6月9日(日)AM4:00頃、弊社大阪本社工場内にて火災報知機が煙を感知し、警備会社を通じて119番通報いたしました。

警察・消防等の立ち会いのもと発煙原因を確認したところ、原因は以下のとおりでした。

■発煙の原因
・本社工場3階に設置している加湿器に空気を送るコンプレッサーのゴムベルトが外れ、モーターがゴムベルトと接触したまま回転を続けたため、煙が出たものです。

出火はなく、火災には至っておりません。

■対応策
現時点では応急処置として、問題のあったコンプレッサーを停止し、機械の修理を行っております。
また、同様のシステムを使用している機器についても点検を行っております。

近隣住民の方々、警察・消防関係各位には真夜中にご心配をおかけし申し訳ありませんでした。
※弊社では、紙の印刷・加工時に紙の伸縮の影響を最小限に抑えるため工場内を常に一定の温度と湿度に保つようにしております。そのため、夜間・休日でも常に加湿器が稼働状態にあり、一定湿度を下回ると自動的に加湿されるような設定になっております。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷
ケーキ箱・ケーキボックスならハコセレブ

0 件のコメント:

コメントを投稿