2011年12月29日木曜日

仕事納め

トキワ印刷は今日29日が仕事納めです。

2011年のトキワ印刷のスローガンは「つかむ」でした。
目の前のチャンスをしっかりと掴み、ものにして飛躍を目指そうという思いで掲げられたスローガンでした。
果たしてスローガン通りに「つかみとる」ことができたかどうか振り返って、来年に生かしていきたいと思います。

従業員一丸となって、お客様や協力会社様に支えられながら1年間頑張らせていただき、年を越せることに感謝いたします。
来たる2012年も何卒よろしくお願い申し上げます。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年12月19日月曜日

ケーキ箱専門ネットショップ"ハコセレブ"をオープン

トキワ印刷株式会社と有限会社テクニカは、2011年12月19日にhttp://www.hakoceleb.com/にてケーキ箱専門のネット通販サイト"ハコセレブ"を開設し、販売開始いたしました。


ハコセレブは主に中小規模のケーキ店をターゲットとし、業務用のケーキ箱を低価格にて提供いたします。
ケーキ箱の製造はパッケージ印刷・加工のトキワ印刷株式会社が担当し、販売は有限会社テクニカが担当いたします。中間マージンを極力抑え、製造直販することで低価格を実現しています。
一方で低価格でありながらも、日本製の板紙を使用し国内工場にて加工することで安心して使用いただける商品となっております。



当初は印刷なしの無地箱の販売よりスタートし、デザイン性の高い箱やケーキ箱以外の箱の取り扱いもしてゆく計画です。





また、ケーキ店様のブランド向上にむけて、形状は無地箱と同様ながらオリジナルのデザインを印刷するオーダーメイドのご要望にも対応いたします。

なお、新規オープン記念といたしまして、2012年2月末までの期間中、全取扱商品を通常販売価格より10%引のキャンペーン価格にて販売いたします。

何卒ご愛顧いただきますようよろしくお願いいたします。

■基本情報■
ケーキ箱専門店 ハコセレブ
http://www.hakoceleb.com/
Tel:06-6942-4185 (ヨイハコ)
Fax::06-6942-4032
運営:有限会社テクニカ
大阪市中央区鎗屋町1-2-12
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年11月21日月曜日

全社員集合

先週の金曜、宮崎工場から6名が研修で大阪本社に訪れ、夜は大阪と宮崎の全従業員が集まって懇親会を催しました。

全社員が一堂に会するのは初めてです。

宮崎工場長のあいさつと乾杯で、開宴!




大いに飲み、大いに食べ、大いにしゃべり、交流を深める皆さん。

















途中、ビンゴ大会で大盛り上がり!

















製造部長のあいさつで、中締め。

















九州の皆さんはさすがお酒が強い!二次会以降も大盛り上がりでした。
今期もトキワのチームが一致団結して頑張りましょう!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年11月18日金曜日

サータアンダギー

ウェブサイトを用いて営業活動をおこなっていると全国各地から引き合いをいただきますが、地域の名産といいますが、色々な商品があって面白いです。


今週は「サータアンダギー」の箱の案件が参りました。

サータアンダギーって何じゃ

「首里方言で「サーター」は砂糖、「アンダーギー」は「アンダ(油)」+「アギー(揚げ)」で「揚げる」、揚げ物を意味する。その名の通り砂糖を多めに使用した球状の揚げドーナツである。」







(出典:wikipedia




とのことです。


その土地土地で色々な食べ物があるんですね。

引き合いが進みそうなら、箱詰め検証の名目でサンプルを送ってもらってモグモグしてみたいです!
受注できますように!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年11月15日火曜日

京都精華大学御一行様御来社

掲載が遅くなりましたが、先週の金曜日(11/11)に京都精華大学の学生さんが弊社へ会社見学にいらっしゃいました。

印刷物のデザイン上の注意点の説明や、デザインしたものがどのように印刷物になっていくかを工場で実際に見ていただいたりしました。

写真撮るの忘れてました。すいません。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年11月14日月曜日

製本品質

職業柄、手に取る印刷物のクオリティが気になってしまいます。


今日届いた郵便物に入っていたネットサービスの操作マニュアル。





















んっ?















んんっ?






本文が飛び出てる!

表紙が本文より1mmほど短いようです。

「製本して冊子になった状態で背以外の3方を断裁して仕上げる」のが無線綴じ製本の一般的な流れだと思っていたのですが、それだと上記のような仕上がりにはならないはず。
別な製本方法があるんでしょうか?

でもかっこ悪いな。

ちなみに上記冊子は弊社製作ではありません(笑)

--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年10月31日月曜日

広い倉庫にうずたかく積み上げられた段ボールケース。写真に写っているのは全体の1/3ぐらいでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これすべて「在庫」です。
 
印刷会社で在庫といえばふつうは紙やインクなどの原料をイメージされるかもしれませんが、パッケージ関係のお仕事ではサプライチェーン対応が必要な場合もあり、製品(印刷されたパッケージ)をいつでも出荷できるよう在庫しておく必要があります。

今日は弊社の期末なので、棚卸作業にきました。
なんか去年に比べてボリュームが増えているような、、、

在庫を抑え、効率化を図りたいものです。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年10月27日木曜日

車両変更

本日より、大阪本社に配属された軽ワンボックスカー。














なんと、宮崎ナンバー
実は、大阪本社にあった大型ワンボックスカーのうち1台を宮崎工場で利用し、代わりに軽を大阪で運用することになり、交換しました。

大阪の街で宮崎ナンバーの車といったらいつもお世話になっている宮崎運輸さんぐらいじゃないでしょうか!
市内で見かけたら、あおったり幅寄せしたりしないでやさしくしてあげてくださいね!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年10月17日月曜日

今年もバレンタインの季節になりました

10月になり、今年もバレンタインの季節がやって来ました。
もちろん店頭に商品が並ぶのは2月ですが、チョコレートのパッケージはもう生産に入っております。

これから順次メーカーさんに納入させていただき、年末年始をまたいでチョコレートの製造と箱詰め作業をされます。

ちなみに、バレンタイン用の箱とホワイトデー用の箱、どちらを先に納入すると思われますか?
実はホワイトデー用の資材を先にお納めすることが多いのです。
チョコレートは暑さに弱いので、涼しくなってからしか製造できません。ホワイトデー用のクッキーなどは日持ちがしますし気温変化にもそれほど敏感ではないのでホワイトデー用の商品から製造されます。

今年も年末に向けて色々とドタバタしそうです。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年10月5日水曜日

大阪コミュニケーションアート専門学校様ご来社

本日、大阪コミュニケーションアート専門学校の学生さん20名が弊社へ社会見学に来られました。













 会社概要のご説明の後、2班に分かれて工場見学とデータ入稿時の注意点の説明をさせていただきました。

工場見学では、学生さんが実際に制作したパッケージデザインをオフセット印刷し、サンプルカットで箱の形に抜くという流れを見ていただきました。












やはり、ご自身が作られたデータが箱という形に仕上がると楽しいようで、「お~!」と歓声があがります。

今後のデザイナーとしてのご活躍を期待いたします!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年9月26日月曜日

CTPリプレイス

先週末からCTPの入れ替え作業中です。

CTPとは、Computer To Plate の頭文字をとった機械で、データから直接オフセット印刷の版を出力することができます。
10年前に初代のCTPが導入しましたが、機械のサポート終了に伴いリプレイスすることになりました。

大日本スクリーン製造製PT-R8600という機械です。
明日火曜日から稼動予定です。














白地に赤いテープで目張りされているのはメーカーロゴ部分。そこは傷つけたくないらしいが、なぜ自社ロゴだけをそれほどまでに保護するかな、、、

--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年9月20日火曜日

IGAS

この3連休を挟んでお台場ビッグサイトで開催されている印刷関連の展示会"IGAS"に行ってまいりました。

とりあえずメモ書きです。

■印刷機
・オフセット印刷はUVに力が入っている。・KOMORIのH-UVは、UVランプのオゾン発生域と熱発生域の波長をカットすることで排気ダクトが不要となる仕組み。LED-UV技術が確立されるまでの過渡期的な技術と感じられるが、注目は浴びていた。
・やはりオンデマンドプリンタの出展が目に付く。HPに代表されるようにプロダクション用途のインクジェット機がこれからの主流になってゆきそう。
・HPのIndigo、ロール紙タイプのみならず枚葉のインクジェット機など多くのラインナップをそろえていた。310gぐらいまでの紙なら使用できるとのこと。
・オフセット印刷機にインラインでインクジェットユニットを搭載した導入事例が紹介されていた。

■加工機
・やたら打抜き機メーカーの出展が目に付くが、あまり目新しさはなかった
・サンエンジニアリングの貼り機が4コーナー貼りにも対応してた。ただ、使うのは難しそう。

■色校正
・インクジェットプリンタによる色校正がかなり一般的になってきている
ただし「専用紙」の利用が条件で、本紙への使用はできないとのこと。
・Roland(オフセット印刷機メーカーでないほう)などのUVインクジェット機は本紙にも使えてOK。

■その他
・水道水が無添加で湿し水に利用できるようになる機械があった。「なんとか還元水」のたぐいらしい。
・油性オフセット印刷機へ後付け可能なUVランプが出ていた。10cmぐらいの照射距離があってもOKとのこと。今回の一番の収穫。が、お値段はかなり高い! 今後に期待か。


海外からの出展者が少ない、印刷機の大手メーカーで出展していない会社があるなど、衰退傾向は否めません。出展者さんもプレゼンテーションなどで堂々と「苦境にある印刷業界に向けての提案、、、」とのたまっておられましたし。

でも、見てみると色々と勉強になりました。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年9月13日火曜日

求人案内

トキワ印刷では現在、印刷工場の印刷オペレーターまたは補助スタッフを募集しております。

詳細は弊社ウェブサイト上の採用情報ページ
http://www.tokiwa-print.co.jp/saiyo.html
をご確認ください。

以上、ご案内でした。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年9月5日月曜日

Adobe CS5対応

7月に1台Macを導入しました。

以前はマシンパワーが必要だったのでゴッツイ筐体の本体と高性能なモニタを購入してたのですが、最近はモニタ一体型のiMacを導入しています。
理由は、
・iMacでもマシンパワーに不足はないしメモリも結構積める・DTPワークフロー上、現在のところそれほど高性能なモニタが不要
・低コストで導入が可能

弊社はパッケージの印刷がメインのため、カタログのようにとてつもなく重いデータを扱うことはそれほど多くありません。
色味に関しても、CMS(カラーマネジメントシステム)の進んでいる会社では「発色がきちんと管理されたモニタである程度色を調整し、DDCPで出力チェックし、 本番へ進む」というワークフローが出来ていればモニタの性能も重要になってきますが、弊社の場合、印刷対象が板紙のため「本機か平台校正機で色校正を行い刷り上がりを見て製版屋さんにデータ補正してもらう」というワークフローになってます。なので、それほど高性能なモニタは今のところ不要です。
(将来的には必要になってくるとは思いますが。)

当然ながらフォトショップやイラストレータがセットになったAdobe Creative Suitesを購入したのですが、丁度CS5.5が発売されたときで、さすがに最新バージョンは怖くて入れられないのでCS5にダウングレードしております。

ということで弊社には現在、イラストレータ8, CS2~5までが揃ってます。

--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年9月2日金曜日

ISO9001更新審査終了

8/30から3日かけて、JQAの審査員に来社いただき、弊社大阪本社のISO9001:2008の取り組み内容について更新審査をしていただきました。

色々な部署を詳細に外部の視点から見ていただき、様々な「改善の機会=アドバイス」を頂戴することが出来ました。

我々にとっては、普段取り組んでいる品質改善への活動を第三者の眼で評価いただけることは大変に貴重な経験で、いただいたアドバイスを今後の品質改善活動に繋げてゆきたいと思います。


--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年9月1日木曜日

円高がボディーブローのように効いてくる

私どもは、商品のパッケージをメインで印刷・加工する会社です。
印刷というと内需産業で円高の影響をあまり受けないようにみられがちですが、実はタイトルのようにじわじわと影響が出てきます。

パッケージは当然のことながら商品ありき。円高が続くと、メーカー様はこれまで国内で製造していた商品を海外生産に切り替えられます。そうすると、パッケージの印刷・加工も当然海外調達となり、お仕事が減ってしまいます。
今日明日直ちに売上がガクンと減るわけではないのですが、新商品が海外製造になるなどして徐々にお仕事が減ってしまいます。

弊社も海外進出できればまだマシなのかもしれませんが、資本力のない中小企業では苦しいところ。

当然新たなマーケットを探して減る分を補填してゆかなければならないのですが、やはり「ものづくり日本」 の火を消さないためにも政府には過度の円高には対応してもらえればな、と思う今日この頃です。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年8月30日火曜日

パッケージリニューアル

今、クライアントさんのとあるブランドのデザインリニューアル作業の真っ只中。
ひとつの商品ブランドに300もの品番があり、ベースのデザインを300品番に展開してゆく作業です。

新商品もあったり、パッケージ形状の変更があったりと、なかなか大変。
"台紙"タイプのものが多く、モール用の穴や吊り下げフック穴をあけなければならないのですが、キャッチコピーや写真が穴位置や商品にかからないよう微調整をしてゆくのが大変です。プリンタ出力したものに実際に商品を着けてみて、ひとつひとつチェックの繰り返し。

弊社にあるゼロックスのプリンタは厚紙のA3ノビサイズまで出力できる仕様になっているのですが、やはり厚紙を多く通すと搬送ローラーなどがへたりやすいらしく、サンプル出力の真っ只中にエラーが出て壊れたり、、、

作業の一応のヤマは超えまして、これから印刷・加工に入ってゆきます。
リニューアル作業で商品の売れ行きがUPすることを期待して、作業進めます!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年8月4日木曜日

お盆休み

クライアントさんのパッケージリニューアルが重なりまくって、超多忙なこの頃です。
パッケージ屋の営業は普段はリピート仕事が多いので、それほど大変ではないのですがパッケージの新規作成やデザインリニューアルとなると少人数でもって対応しなければならないので大変。
それが3重にも4重にも重なっている感じです。

頑張ってやりきって、よい秋を迎えたいものです。

さて、弊社は8/13-8/16をお盆休み期間とさせていただきます。
期間中にいただいたお問い合わせにつきましては、8/17以降の回答とさせていただくことがございます。
私は、といえばゴルフの予定があるぐらいで、後はのんびり過ごそうと思います。

--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年7月20日水曜日

7/20の営業について

台風6号の影響が心配されていましたが、7/20は通常通りの営業いたします。

一部出荷・発送品につきましては、交通事情により遅延の可能性があります。
あらかじめご了承くださいませ。

--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年7月19日火曜日

台風の接近に伴う弊社の対応について

台風6号が西日本へ接近していることに伴い、トキワ印刷株式会社では以下の対応を検討中です。
(本件に関しては、全て検討中の事項であり最終決定ではありません。)

■営業時間について
・台風の大阪への接近に伴い従業員の帰宅が困難になることが想定される場合、7月19日の営業時間を短縮する可能性があります。

・7月20日を臨時休業とさせていただく可能性があります。

■納期について
・7月19日~20日に出荷予定のお荷物については道路事情等により到着までに通常より時間がかかる可能性があります。

・臨時休業や業務時間短縮により、生産スケジュールがずれ込み、当初の納品予定に間に合わない恐れがあります。

影響のでる事象に関しては個別にお客様に連絡し、対応を協議させていただきます。
また、随時当ブログにてお知らせさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年7月1日金曜日

節電の夏

7月に入り、節電モードです。

弊社でも電力量の削減に向け以下の施策を実施しております。

・室内照明(蛍光灯)の点灯本数を削減
・社内サーバーの集約による稼働台数の削減
・クーラーの設定温度のアップ。 扇風機の活用

弊社では最大使用電力を抑制するために、「デマンドコントローラー」を導入しております。
最大使用電力量を設定しておけば、その値に近づくと警告を出してくれるもので、ピーク使用量の抑制に効果があります。
そもそもは電気料金のコストダウンを目標として導入したものですが、上記節電対策の効果もあるのか、今年はまだアラームが鳴っていません。

なるだけ業務に影響が出ないよう配慮しながら節電に努めてまいります。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年6月14日火曜日

お隣さんのお仕事

企業とはいえご近所付き合いは大切にしたいもの。

弊社のお隣にある「鎗や」さんの名物、鯖スモークのラベルを納めさせていただきました。

鯖スモークとは、その名のとおり、鯖の燻製です。














私も何度もいただきましたが、酒のアテに最高です。

通信販売もしておられますので、是非オーダーください!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年6月12日日曜日

けいおん×えいでん 乗車券制作いたしました

本日早朝より京都の叡山電鉄様にて発売された
「けいおん×えいでん 特別乗車券」(叡山電鉄様 プレスリリース








弊社にて製造させていただきました。

この切符は、4枚の紙が合紙されてできており、裏面の楽器型乗車券部分を取り外して使用できる様になっています。
切符部分は2枚合紙されており、硬券のイメージを再現しております。
切符部分が取り外しできるよう、切符の表裏2枚が合紙された部分と台紙の2枚部分では切符部分にはのりづけがされておらず、打抜き機で4枚中切符の部分をハーフカット抜きすることにより、切符が取り外しできるように作られています。

弊社にとっても初めて経験する仕様で、タイトなスケジュールの中、関係各位のご協力を賜り昨日無事納品させていただきました。

本日朝5時より出町柳駅にて整理券の配布と販売が始まり私も現場に立ち会って参りました。













「けいおん」のことは詳しく知りませんでしたが、現場には早朝から1500人を超える長蛇の列ができており、改めてこのアニメの人気を思い知りました。



切符を購入される方が笑顔で受け取られるのを見て、印刷・加工者としてとても嬉しく思いました。











トキワ印刷は、今後ともお客様の「こんなもの作りたい!」をお客様と一緒になって形にしてまいりたいと思います。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年6月8日水曜日

綱渡り

現在進行中の案件、かなり綱渡り状態で、ビビりまくってます。

当初よりぎりぎりのスケジューリングでしたが、色校正なしの立会いでぶっつけ本番印刷したところ、インキの乾燥が悪くて乾くまでに3日ロス。

遅れを取り戻すため通常であれば1ラインでやる打抜き作業を2ラインで行うなどして、なんとか間に合わせることができるよう走り回っています。

今週の土曜には納品しなければなりませんので、絶対に失敗は許されない状況。
後加工がかなり複雑かつ初物ばかりなので、4つある工程全てに立ち会って進捗と品質管理してます。


最大限の協力をいただいている協力会社さんに感謝。頭が上がりません。
日曜日にいい夢見れているか、涙で枕を濡らしているか、後者にならないよう引き続き全力投球したいと思います。

どんな案件かは、発売後に発表ということで。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年6月7日火曜日

blog, twitter, facebook

最近流行のソーシャルメディアというやつ、色々使っているうちに少し使い方に関する課題も見えてきました。

私の場合は、blogを会社の顔、twitterは仕事半分・プライベート半分、facebookはほぼプライベート、という使い方をしてます。

facebookには勤務先は書いていますが、あまりお取引先様との関係は持っていません。しかし「あなたの友達かも」という欄にお取引先の社長が掲載されたりして、プライベートとビジネスの線引きが難しいと感じることもあったりします。(多分、会社名などをキーに検索されてたどり着かれたのでリコメンドがなされるのだと思いますが、、、)

facebookは実名ですが結構オープンに情報が伝わると思うと、取り扱いも注意する必要があるなと感じています。

プライベートとビジネスとうまく顔を使い分けるような方法もあるのでしょうか?
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年5月26日木曜日

もう5月末

気づけばもう5月末。
新しいクライアント様を担当しはじめたこともあり、5月はバタバタ。ブログを書く暇もありませんでした。

忙しいですが、しっかり情報発信はしてゆかなければなりません。
6月は頑張ります!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年5月19日木曜日

ミンナDEカオウヤ プロジェクト

東日本大震災復興支援プロジェクトで「ミンナDEカオウヤ」という ものがあります。

http://www.insweb.jp/report/minnaDE


東日本大震災では企業も大きなダメージを受けましたが、障害のある方々が活動されている「障害者福祉事業所」も例外ではありません。
「ミンナDEカオウヤ」プロジェクトは、東日本の障害者福祉事業所で作られた商品(授産品)の販売を支援することにより、事業所の復興を支援することを目的として行われています。
毎日新聞の記事
日経新聞の記事


この活動の面白いところは、「商売の仕組み」として動いているところ。一過性ではなく、商売にすることにより息の長い支援に繋がります。

ゴールデンウィークよりイベント等で販売を開始していますが、5月末より店舗を構えての販売をスタートすることになっています。

弊社も陰ながらこのプロジェクトを応援させていただいております。
各自が自らのリソースを持ち寄ってできることをすれば、世の中はちょっとだけでもよい方向に向かうかもしれません。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年5月17日火曜日

新しいお客様を担当する

新規営業一辺倒だった私ですが、5月より既存クライアントも担当させていただくことになりました。

新規営業はお客様と新しい関係をイチから築いてゆくので自身のペースで話しを進められるのですが、既存クライアントさんに対してはこれまでの関係を維持しつつさらに発展させてゆくことが求められます。
取り急ぎは、クライアントさんの商品やこれまでの対応内容をしっかりと把握しご迷惑をかけないように努めることが第一。

しばらくはドタバタでブログが更新できないことも増えると思いますがご容赦くださいませ。
(その分、twitter投稿が増えるかも)
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年5月10日火曜日

ドタバタの連休明け

弊社のこれまでの繁閑、5月がボトムだったのですが、今年は4月がヒマだったせいもあり連休明けは結構ドタバタです。

納期のほうもちょっと長めにかかってしまってまして、連休前に段取りできればよかったのに、、、とちょっと残念。

まずは目の前にある仕事をひとつひとつモノにしてゆきたいです。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年4月28日木曜日

お買い物

世の中の電子化を肌で体感すべくiPad2を買ってみました。
結論としては、よい遊び道具。でも出張中など重宝しそうです。

まだ電子書籍は体感してませんが見た感じではそれほど読みにくくもなさそうです。
「昔は紙の本で勉強してたんや」という日はすぐそこまできてますね。

このブログをiPadで書いてみてますが、十時矢印キーがないのが長文を打つには大変不便。
行頭にカーソルを持ってきたい時などに苦労します。拡大して指定すればいいんですが。
GWはいじり倒してみます!

皆様、よいGWを!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年4月26日火曜日

7連休

もう今週末からゴールデンウィークに突入ですね。

弊社は4月29日から5月5日まで7連休とさせていただきます。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

休むときはしっかり休んで、リフレッシュしてまた頑張ります。
大変な時期ではありますが、「お金を使うことも社会貢献」と考えて動きたいと思います!

--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年4月22日金曜日

Amazonの書籍オンデマンド印刷サービスは"平面ブラウン管テレビ"?

4/20に「アマゾン、オンデマンド印刷サービスを開始」というニュースが出ました。

「出版社にデータがあれば、アマゾンが1冊でも2冊でも注文に応じて印刷して販売します」というサービス。これまでの出版物のビジネスプロセスを大きく変えることになるのは間違いありません。

従来、本といえば初版本を何千とか何万冊印刷し、初版の売れ行きによって重版するか絶版にするかを決めてました。これからは、お客さんから注文があった時点で必要部数のみを印刷して発送すればよくなるわけで、出版社にとっては売れるかどうか分からない本を印刷・製本するというリスクから解放されます。

特に、日本には「返本」という昔からのしきたりがあり、出版社は書店に本を並べてもらっても売れなければ返品されてました。今後は出版社は返本リスクから解放されることにもなり、出版社へのインパクトは非常に大きいと思います。

一方でこのサービス、「平面ブラウン管テレビ」状態にならないのかと思ったりもしました。
つい最近までのテレビはブラウン管で、画像を映しだすための画面は平面ではなく曲面だったのです。将来的には液晶テレビ・プラズマテレビになって画面が平たくなるだろうと見られていましたが、当時の液晶パネルはとても高く、また大画面にできませんでした。
そこで、電機メーカーがつくったのが平面ブラウン管テレビ。
売れました。
でも、売れたのであるメーカーは必死になって平面ブラウン管テレビを作り続け、気づけば世の中液晶・プラズマの時代。そのメーカーは液晶テレビの開発で後れを取ることになったのです。

平面ブラウン管テレビは「既存技術のブラッシュアップに注力してると、新技術の登場で一気に淘汰されてしまう」というイノベーションのジレンマのよい例ですが、このアマゾンのPOD(プリントオンデマンドサービス)はどうでしょうか。

出版物の大きな流れは「電子書籍」化です。AmazonさんもKindle売りまくって電子書籍化への流れを着々と進めています。未来のことは分からないですが電子書籍の普及により紙出版物が駆逐されてしまう日が来るのかもしれません。それまでの繋ぎのサービスのようにも思えます。

しかしこの書籍のPODサービスが過渡的なサービスであるとは僕は思いません。
紙の書籍はブラウン管テレビとは異なり、完全に市場から駆逐されてしまうことはありません。今後も紙媒体で読みたいと思う人は存在し続けるはずです。
そういった消費者向けの出版形態として、既存の大量印刷の出版モデルを駆逐した後に残るビジネスプロセスだといえます。

Amazonの上手いところは、商流の頭と尻尾のニーズをよく見ているところだと思います。出版社の課題、消費者のニーズの両方を解決することが真の流通業ですね。

好むと好まざるとに関わらず、大量印刷という時代が本格的に幕を下ろす日が近づいてきた、というのが実感です。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年4月20日水曜日

印刷通販はなぜ安いか

世の中には「印刷通販」と呼ばれる印刷会社さんがあります。

インターネットで全国から同じ仕様の印刷物の注文を集めてきて付け合せ印刷することで激安価格を実現しています。
例えば、A4のチラシであれば、A1サイズの紙に8丁つけることが出来ます。紙の種類が同じで発注数量も似たようなものを8つ集めてきて付け合せて刷れば1回の印刷で8つの仕事を行うことができます。

「付け合せ」が低価格を実現している大きな要因のひとつではありますが、16ページや32ページといったものも低コストでされているとこともあります。多ページものになると付け合せができないので同じ仕事を集めてきてもそれほどコストダウンメリットは無いはずです。
では印刷通販が「付け合せ」 以外でどうやって激安価格を実現しているのでしょうか?

それは営業コストの削減。

通常の印刷会社の場合、営業マンはお客様から仕様を聞いて見積りを作成して持参し、原稿を受け取って、デザイナーさんに制作依頼して、カンプをお客様に持参してチェックしてもらい、修正原稿を受け取ってまた修正依頼して、色校正出力して持参して、、、というように営業マンが何度もお客様の元へ足を運んで打ち合わせすることが一般的です。印刷する前の段階で多大な労力がかかっています。

当然、お客様から頂戴する印刷料金でこの営業マンの人件費も賄わなければなりません。

印刷物の料金に占める営業マンの人件費はどの程度でしょうか。
少々古いデータですが、平成17年のデータによると、オフセット印刷業の売上高対販管費率は約40%。
販管費に占める営業マンの人件費を40%とすると、0.4*0.4=0.16となり、印刷物に占める営業マンのコストは15%以上あることになります。

印刷通販では、「このまま印刷できますよ」という状態の「完全データ」がお客様からウェブを通じて入稿され、そのまま刷版→印刷されて納品されます。
見積りはウェブサイトで自動で計算され、原稿を取りにお客様のところまでゆく必要もないので営業マンが要りません。(実際には印刷通販さんには営業マンがいらっしゃって特殊なお仕事や大口のお仕事は営業マンさんが動いておられます)

これまで印刷会社の営業マンが行っていた原稿作成にかかる業務を、お客さんの負担にしてしまうことで15%はコストダウンが実現できるということになります。

では、明日から普通の印刷会社が営業マンをクビにしてしまうとどうなるかといえば、その印刷会社は受注が無くなって倒産するに決まってます。

印刷通販と、既存の印刷会社ではビジネスモデルが異なるのです。

既存の印刷会社にとっては「印刷通販」という業態が確立されたことは好都合といえると思います。自身で原稿を作成して印刷通販に頼むお客様は低コストを享受し、原稿作成段階から印刷会社に任せてしまいたいお客様であれば高サービスを享受できます。その差が目に見える形になったのが現状だと思います。

当然、既存のお仕事のいくらかは印刷通販に流れてしまうかもしれませんが、その分安値受注で営業経費も出ないような仕事から営業マンは解放されるわけです。空いた時間で、お客様から活動の対価をいただけるような動きをすれば「増収」になります。

既存の印刷会社は印刷通販と価格競争するのではなく、お客様が求めるサービスレベルを維持しつつその対価をきちっと受け取ることで生き残りの道が生まれるのだと思います。
「営業経費を乗せるのをお客様に認めてもらうことなんてこのご時世、無理。」と思うのであれば、それはその営業マンが提供するサービスに対してお客様は価値を感じていないということになります。

今後数年は、営業マンの動きで印刷会社の存亡が決まると僕は思ってます。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年4月19日火曜日

お断りさせていただく案件

この不況下に仕事を断るなんて何を偉そうに、、、とお思いでしょうが、お断りさせていただく案件もございまして、その代表例が
「一括見積りサイトに掲載された案件」

便利な世の中で、案件を投稿すると数社から見積りを受け取れて発注先を探すことが出来る「一括見積りサイト」なるものがいくつかあります。

パッケージ印刷の案件は一括見積りサイトでもあまり掲載されないのですが、たまに掲載されるとそれを見られたブローカーさん経由で弊社に見積り依頼を頂戴することがあります。

一括見積りサイトに掲載される案件は当然相見積りですので、価格競争が非常にシビア。直接案件対応してもなかなか受注できませんが、ましてや間にブローカーさんが入ってしまうと受注できる可能性は限りなくゼロになります。

ですので、一括見積りサイトに掲載されている案件を弊社に見積りご依頼いただきました場合、見積り回答は辞退させていただくことにしております。御免なさい。

ちなみに、なぜその案件が一括見積りサイトに掲載されているものだと分かるかというと、お問い合わせメールの内容が「ほぼサイトに掲載されている文言のコピペ」だから。
一定のフォーマットに沿って書かれるので様式をみれば大体わかり、後はネットで特徴ある文言をググれば一括見積りサイトが検索に引っかかって「ああ、この案件だ」と見つけることができます。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年4月12日火曜日

印刷資材の調達状況

東北関東大震災の影響で、印刷関連資材の調達にも徐々に影響が出始めているようです。

■紙
上質紙やコート紙などの薄紙を中心に品不足感が出てきています。全くないということはないのですが、銘柄によっては調達が厳しく代替品を利用する場面も出てきそうです。

パッケージなどに使う板紙については一部メーカーのものが操業停止の影響を受けていますが、現状弊社への影響はほとんどありません。

■フィルム
軟包材とよばれるフィルム関係の資材については、東北・関東の原反製造工場が被災している影響で品薄となっています。現在のところご注文への対応が出来ない状況にあります。

表面加工に用いるPPフィルムなども品薄感がではじめているようですが、現状は問題ないとのこと。

■インキ
インキの主成分のひとつであるロジン変性フェノール樹脂の製造が困難になっているとのことで先々の供給不安が出てきているようです。現在のところは問題ないようですが心配です。

■オフセット版
アルミで出来ているオフセット印刷用の版は、現在のところ通常通り供給されています。

震災から1ヶ月、余震とは思えないような規模の揺れが続いており、また原発事故の影響が広範囲に広がっており被災地の方々には心からお見舞い申し上げます。
関西にいる我々が出来ることは、なるだけ普段どおりに生産を継続して経済の血流を止めないこと。そしていくばくかでも被災地の支援に廻せるようにすること。

日本チームの一員として頑張りたいと思います。

 --
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年4月8日金曜日

工業統計でみる印刷業の現状

手が空いてまとまった時間が取れるときはデータ分析。

今日は分析というほどではないですが、半年ぐらいサボっていた工業統計のデータを取ってきて昨年の印刷業界の業容を再確認。

昨年の印刷関連の出荷額は3981億円で平成21年に比べてほぼ横ばい。
しかし、出版印刷は▲6.7%、商業印刷も▲2.4%。伝票関係の事務用品印刷も▲5.8%


一方で包装印刷は+3.5%と一応は伸びてますが成長産業というほどではありません。


今年は地震の影響もあって、出版と商業印刷はさらに落ち込むでしょうね。



さて、これを眺めてどう動くか。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年4月7日木曜日

段ボール

商品の個装箱を生業としている弊社ですが、出荷用の段ボールなどもついでにリクエストされることもあります。

段ボールは協力会社さんから買うのですが、数がまとまると非常に嵩が高くなります。
今日も午後から300枚の段ボールと付属を納品予定なのですが、2tトラック1台での配送。
納品先はビルの5Fなので、人の手で運ばなければなりません。

ほとんど儲かりませんが、これもお客様のため。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年4月5日火曜日

消費↓?

東北関東大震災の後、パッケージ関連の受注がかなり落ち込んでいる状態です。


インスタント食品のパッケージなどを生産されている印刷会社は大忙し、という話も聞きますが弊社には特需的なものはなし。
レトルト食品のパッケージのお引き合いは色々といただいておりますが、ご注文いただければすぐにでも生産できる状態です♪

紙やインキの供給不足という話が聞こえてきていますが、今のところ弊社に大きな影響は出ておりません。(今後も出てこなければよいのですが、、、)

厳しい環境ですが智慧と勇気でこの難局に立ち向かってゆきたいと思います。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月30日水曜日

うれしいこと

昨日と真逆のタイトルで、すこぶる喜怒哀楽が激しいですが、、、

ご新規のお問い合わせが低迷気味でちょっと落ち込んでましたが、本日は以前お仕事させていただいたお客様とご相談いただいたお客様から立て続けにお引き合いをいただきました。

一度の出会いを大切にしていただき、お声掛けいただけるのは大変うれしいこと。頑張ります!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月29日火曜日

困った状況

今週の製造のスケジュールを見ていると、「スッカスカ」の状態。。。
お影で急ぎの案件などにはすぐに対応できるのですが、ちょっと4月以降が心配になってきました。

関西にいるとあまり想像できないのですが、東京出張されていたクライアントさんと話しをしていると、東京は節電や外出自粛などでかなり沈んだ状態になっているとのこと。国内消費の落ち込みに加えて輸出への影響も心配され、今後の景気の方向性もあまりよいようには見えません。

関西から何とか少しでも景気を上向けられるように頑張りたいものです。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月25日金曜日

3/26電話工事

直前のご案内で申し訳ありませんが、
明日3/26は弊社PBXの交換作業のため電話やFAXが繋がらない可能性があります。

繋がらない場合は時間を置いておかけ直しいただくか、メール等にてご連絡ください。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月23日水曜日

パッケージ製作のノウハウをつぶやき続けるtiwtter bot

弊社ウェブサイトの下部や当ブログの右には「パッケージ製作のノウハウをつぶやくTwitter」が掲載されています。
これは、私がお客様との打ち合わせなどで気づいたことや再発見したこと、よくお問い合わせいただくことを都度都度メモ代わりに書き留めてきたものです。
気づけば109個のつぶやきが出来てましたので、この度bot化しました。

botとは自動投稿の仕組みのことで、投稿したい文章をあらかじめ登録しておけば指定した間隔でランダムまたは順番に投稿してくれます。
当面は1日2回の設定にしておりますので、理論的には55日で一巡することになります。

最近ネタ切れ気味ではありますが、新しいネタも追加してゆく予定です。皆様のお役に立てましたら幸いです。

また、ちょっとした質問などもウェブサイトを通じてお問い合わせいただければ回答させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。(ネタ確保の意味も込めて)
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月22日火曜日

経済活動

大震災から1週間経ち、テレビも通常番組に戻ったりCMも再開したりと、少しずつ元に戻りつつあります。先週はさすがにご新規のお問い合わせもほとんどありませんでしたが、連休明けて数件ご新規の連絡をいただきました。
被災地の方々の状況を考えるととても喜ぶような気持ちにはなれませんが、それでも被害に遭わなかった我々がしっかり仕事をして、商流、物流を支えてゆかなければなりません。


お問い合わせには震災支援のための募金活動に使われるための「募金箱」のお問い合わせもありました。弊社には募金箱の形状木型が1パターン、小さなサイズのものしかありません。でも木型代を不要とすることで、少しでもお役に立てると幸いです。


--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月16日水曜日

紙の手配

昨日は紙の供給に問題なしと書きましたが、いくつか不安をあおる情報も流れているようです。

・計画停電の影響がありそう
・弊社がよく使う紙銘柄を生産する工場は地震の被害は受けておらず通常生産しているが、他メーカーの銘柄が被害で出荷できないために代替品として需要が高まっている
・(特に関東地方の)紙屋さんの倉庫からの出荷や配送に影響が出ており、特殊な紙は納期が長くなっている

現時点では特段の心配はしておりませんが、今後については推移を見守るほかありません。

大災害時は直接の被害がなくてもある程度影響が出ることは覚悟しなければなりません。被災地に比べれば「何のことはない」状態でしょう。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月15日火曜日

紙の供給体制について

東北関東大地震の影響で、いくつかの製紙工場が操業停止の状態にあります。
現時点での紙の仕入に関する弊社への影響を取りまとめました。

■印刷紙器(パッケージ)向け板紙について
弊社がメインで利用している板紙を抄造する工場のほとんどは地震の被害を受けず平常どおり生産されているとの報告を受けており、現時点では特に問題ないものと考えられます。
一部、特定銘柄を生産する工場が被害を受けている模様ですが、影響と対応策については個別にクライアント様と協議させていただきます。
また、今後の計画停電の実施による影響については不明ですが、大きな影響はないであろうとの見通しです。

■洋紙について
カタログ、パンフレット、リーフレット等に使用する洋紙について、一部メーカーの製紙工場が操業停止になっているようですが、現時点で弊社への影響はほとんどないと考えられます。


--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月14日月曜日

東北地方太平洋沖地震等に伴う対応

3/11に発生した東北地方太平洋沖地震で被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。


 
■弊社への影響
・現時点で弊社への直接の影響は確認されておりません。
・製紙会社等仕入元の工場が被害をうけている可能性があります。そのため、原材料の仕入に影響が出る可能性があります。現時点での影響は不明ですが今後、場合によっては生産に影響が出る可能性があります。

■ご注文への対応
○北関東・東北地方が納品先となるご注文
・生産予定のものについては生産を行わず、お客様と相談の上再度納期を設定させていただきます。
・現在生産中のものについては、生産を完了させた上で出荷指示があるまで保管いたします。
・お客様からのご希望により、発注取り消しに応じます。

○計画停電の対象地域が納品先となるご注文
・電力会社が実施する計画停電の対象となっている地域のお客様からのご注文につきましては、お客様からのご指示がない限りは予定通り生産をおこないます。
・納品日の変更をご希望の場合は個別に営業担当者までご連絡ください。
・災害対応の交通規制等により納品に通常よりも時間がかかる可能性があります。 あらかじめご了承ください。

○その他地域からのご注文
・生産計画どおりの生産・発送をおこないます。
・宮崎県新燃岳の噴火が継続しており、影響が出る可能性があります。
・災害対応の交通規制等により納品に通常よりも時間がかかる可能性があります。 あらかじめご了承ください。

ご不明な点がございましたら営業担当までお問い合わせください。

--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月11日金曜日

地震対応

本日発生した東北大地震、弊社従業員は全員の安全が確認されております。

大阪本社・宮崎工場ともに被害なし。
東京出張中の営業課1名について無事を確認いたしました。

商品の発送などについては納品先によっては今後影響が出る可能性があります。
以上。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2月と3月の状況

世の中は年度末の決算期。
決算セールのチラシのご依頼があったり、3月末までに納品するようご依頼があったりで、ちょっと落ち着いていた工場もまた繁忙状態。


コストUPにはなりますが、協力工場さんの力を借りて乗り切りたいです。

2月までの実績データが上がってきたので眺めてました。
売上は計画を若干上回る状態で推移しており、収益面もちょっとは改善傾向。
全社で一丸となって取り組んできた原価低減活動が実を結びつつあると実感しております。
まるで通知簿を見るようで、成果が出たときはウレシイものです。
半期まであと2ヶ月、気を引き締めて成果達成に向け頑張りたいと思います。

--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月10日木曜日

茨城名物

関西から見るとどうも印象が薄い茨城県。「いばらき」というと関西では大阪府茨木市をイメージしてしまうので余計にそう思えるのかもしれません。

で、最近なぜか茨城県からのお問い合わせ・ご注文が増えてます。

ご当地B級グルメに代表される地産地消や特産品開発をどの都道府県も活発に行っておられます。

依頼いただく案件もその土地柄を表したものが多く、特に食品パッケージでは思わず「ウマそう♪」と思ってしまいます。また、「そんな特産品があったんだ!」と驚かされることもあります。

このようなご当地案件は、やはりデザインは地元のデザイナー様にしていただくのが一番。土地勘のない人がデザインしてもその土地をイメージできるパッケージにはなりません。(なかなか足を運ぶことも出来ませんし、、、)
弊社は、「パッケージへの表示事項」や「紙の提案」、「形状設計」と「印刷・製造」でサポートさせていただきます!

ということで、ご当地食材・ご当地グルメのパッケージ・箱のご用命は是非トキワ印刷まで!


P.S.
茨城は「いばらき」であって、決して「いばら」と濁ってはならないそうです。

--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月8日火曜日

育成

長期インターンシップの学生さんが当社に来はじめて丁度1ヶ月ということで、学生さん、当社、派遣団体さんの3者面談をしました。

派遣団体の方はやはり日々数十人の学生さんや派遣先と接されているだけあり、ツボを押さえているというか、当社のニーズ、学生君の課題・モチベーションなどうまく指摘していただきました。
 
後5ヶ月間ですが、うまくプロジェクトが進むよう当方も最大限の努力をしたいと思います。
目指せ月商100万円!プロジェクトが上手くゆきますように。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年3月2日水曜日

ヒマ

ヒマといっても、会社のことではなく私のこと。
2月も現場は例年よりも忙しい状態で、売上のほうも昨年同月比で6割増!
(決して今年が良いわけではなく昨年が悪すぎただけですが。そういや昨年の今頃はかなり「ヤバイヤバイ。何とかせんと。」状態だったのを思い出しました。)

営業のほうも多方面よりお問い合わせいただいており、件数も例年並み。しかも新規の案件の受注もきちんと取っていってます。

ではなぜこんなにヒマなんだろうかと考えると、「お客様への提案づくりが減ってるのではないか。」

案件にもよるのですが、仕様がビシッと決まっているものと、モヤモヤしているものではかかる手間が違います。モヤモヤしているものを形にしてゆくのは結構手間と時間がかかるのですがものづくりに携わる人間としては楽しいプロセスです。

そう思うと、今進めているお仕事は仕様が決まったものが多いのである意味「楽チン」。

というわけで、楽チンなお仕事、手間のかかるお仕事、どちらも大歓迎です!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年2月28日月曜日

健康診断

例年2月に受診している半日ドック、今年は少しずれ込んで3月に受診予定。
お医者さんにお酒のことを強く諌められている私、健康診断までは「2飲2休」でいきたいと思います。

去年は、病院に行ったのは健康診断と健康診断結果に基づく再検査だけなので今年こそは「健康診断のみ」になりたいです。



--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年2月23日水曜日

ソーシャルメディア

印刷という紙媒体で勝負している当社ですが、ウェブサイトだけでなくblog、twitterといったいわゆるソーシャルメディアでの情報発信もおこなっております。

この度facebookも使い始めましたが、こう色々とプラットフォームが出てくるとこんがらがってきます。特にtwitterやfacebookはアメリカ産のプラットフォームなので色々と分からないこともたくさん。。。

基本的には、当ブログでの発信は自動的にtwitter→facebookという流れで公開されるようにしてますが、まだまだ発信一辺倒で、本来の価値と思える外部とのコミュニケーションというところまではいってません。

個人的には、twitterとかで簡易相談とかできればいいのにな、と思ってますが。

そういえば先日、デザイナーさんからお電話があり
「ちょっとお聞きしたいんですが、マッチ箱の外側のような筒状のもの、なんて呼ぶんですか?パッケージデザイン中でリサイクルマークの下に名称を入れないといけないのですが、分からなくて、、、」
というだけのお問い合わせもありました。

こういったことに気軽に回答させていただけるようなユーザーフレンドリーな会社を目指すってのもひとつかなと。

脱線しましたが、新しいソーシャルメディアも、とりあえず使ってみて、どのような活用の仕方が出来るか考えてみたいと思います。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年2月22日火曜日

ウソはいけません

弊社、現在は採用募集はしていないのですが、印刷業界は雇用状況が特に厳しいのかウェブサイトから「採用してください。」メールがたまにきます。

先日も1通来たのですが、文面を読ませていただくとなんとなく読んだ記憶のある文面で、
過去のメールを調べてみると以前にも同じ人からのメールをいただいてました。

で、読み比べてみると、何故か去年のメールと今年のメールで「職歴」が違っておりまして、、、

去年のメールは「大学卒業後大○本印刷に入社し、その後地場の印刷会社に転職」となっていたのが、今回は「大学卒業後ずっと凸○印刷に勤続」となってます。
今回はさらに辻褄が合ってなくて、「現在、東京本社勤務」となっているのですが大阪府内のご在住のようで。

こうなると1回目にお書きになられていた内容も信用できなくなっちゃいます。

昔上司に教わった教訓:「ウソをつくときはバレない完璧なウソをつけ!」
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年2月21日月曜日

HTML作成

ちょっと手がすいたので、前々からウェブサイトに掲示しようと考えていたコンテンツを作成しています。(お問合せ先様からお叱りをうけることもあったので、、、)

ひとつは、基本取引条件。
弊社がウェブサイトで提供しているサービスは基本的に受注商品なので特定商取引法の対象とはならないのですが、やはり基本ポリシーを掲示しておくに越したことはないと思い、作成しております。
インターネット経由のお取引ではこれまで大きな事故はないのですが、、、

もうひとつが「データ入稿時のお願い」
誰でも簡単に印刷用データが作成できるようになってきている今日、データに起因する印刷事故が増えてます。
データ入稿時に注意・チェックいただきたい事項を取りまとめております。お客様にお願いするのは心苦しい部分もあるのですが、やはり事故を防ぐには相互の協力が必要との考えで掲示しようと思っております。

今社内で文言のチェックをおこなっており、今週中には公開できる予定です。
何事も情報開示が必要ですね。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年2月16日水曜日

フォームおよびメールからのお問い合わせについてのお詫び

最大数ヶ月にわたり、弊社ウェブサイトのお問い合わせフォームから、もしくは代表メールアドレス(以下、info@といいます)へお送りいただいたメールに関して、一部が正常に受信できておらず、返信されていないことが発覚いたしました。


■現象
弊社ウェブサイト上にある3つのお問い合わせフォーム(一般用、パッケージ印刷用、商業印刷用)から弊社宛てに発信されるお問い合わせとinfo@宛てに送られたメールの一部が、お問い合わせ担当者のPCにて受信できない状態にあり、結果、お問い合わせに無回答となってしまっているものがありました。

直近では、2月月初から3件無回答となっておりました。

■原因
お問い合わせフォームおよびinfo@のメールは複数の担当者により対応しているため、複数台のPCにて受信できるよう、、メインの担当者以外がメールを受信してもサーバ上にメールを残す設定になっておりました。そのうちの1台のPCの設定に不備があり、そのPCが最初にメールを受信するとサーバ上のメールを消してしまい、メインの担当者にメールが配信されない状態になっていました。

■対応策
PCの設定を変更するとともに、お問い合わせフォームよりの連絡チェックを2重化いたしました。

この度は関係各位にご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。
今後このようなことの無きよう、サービスの向上に努めて参ります。

--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年2月15日火曜日

クライアントさん展示会

今日は大阪天満橋にあるOMMビルで行われている「第5回わかやま産品商談会in大阪」に行ってきました。

弊社クライアントの紀州食品様が新商品のゼリーを開発され発表されていらっしゃいます。
みかんをはじめ6種類の和歌山県産の果物が丸ごと入ったゼリーです。
弊社が箱やシールなどを納めさせていただいております。
 携帯で撮影させていただいたら、接写スイッチがオンになっててかなりピンボケでスイマセン。

 よい商談がまとまる事を期待しております!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年2月14日月曜日

St. Valentine's Day

今日はバレンタインデー。
弊社の納入したパッケージや資材に包まれたチョコレートが愛の形として人から人の手に渡る。なんか幸せな気分になるお仕事です。

箱は商品を包んで保護するだけでなく、商品を引き立たせ、商品にこめられた送り手の気持ちを具現化するもの。
中身がメインながら、我々の仕事も大切な役割を占めてます!

一昨年は2/14が土曜、昨年は日曜だったのですが、今年の2/14は月曜日。休日と平日ではチョコレートの売上もかなり違うようです。(世の女性には痛い出費かも、ですが。)

今週も頑張って参りましょう!
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年2月9日水曜日

インターン生着任

昨日より大学生1名が長期インターン生として着任しました。
単なる「企業体験」ではなく、6ヶ月間という長期にわたって在籍してもらい、新規事業開発などのプロジェクトに参画して結果を出してもらいます!

当方も初めての経験なのでどうなるか不安なところもありますが、プロジェクトの成功に向かって頑張りたいと思います。

昨日は早速、インターン君を伴って店舗視察。我々の作ったパッケージ資材が実際にどのように使われているのかをGMSに行き、見てまわりました。



←バレンタインのチョコレート売り場の隠し撮り







毎年この時期になると、店舗に販売状況をチェックにゆきます。
今年は弊社のクライアントさんの商品スペースかなり広く取ってもらえてます。我々もウレシイです。


ついでに調理用品やレッグウェア、健食、化粧品などの売り場も見てまわりました。
最近はパンスト売り場へも臆せず堂々と入ってゆけるようになりました。
やはり店舗を見るのが一番。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年2月8日火曜日

PAGE2011展示会

先週末、東京で開催されていたPage2011という印刷・出版関連の展示会に行ってきました。

出版不況・印刷不況と騒がれる中、 なかなか盛況でした。
弊社は出版方面は不得手なので展示内容的に半分ぐらいは分野違いだったのですが、それでも勉強になることが多くありました。

全体的な傾向としては、小ロットに対応できるオンデマンド印刷機や、A2~A3サイズまでのPPやUVニス表面加工機などがよく目につきました。
「オンデマンド印刷&小ロット表面加工」という流れの需要を取り込もうとしている感じを受けました。

印刷業界向け生産管理・販売管理システムは特に真新しいコンセプトや機能はなく去年とあまり変わり映えしませんでした。

面白かったのは、印刷業向けの見積りシステム。2社の話を聞いたのですが、1社は商業印刷向けでパッケージ関係は苦手、もう一社はパッケージ専門の見積りシステムで冊子系は苦手と両極。

去年もあった「イラレ上でプリフライトチェックができるプラグインソフト」
これ使えば事故は減るかも、、、とは思いながらもお値段が、、、

電子出版の流れは興味はあるもののお仕事の本流ではないので、あまり真剣に見てまわりませんでしたが、やはり関連ブースは黒山の人だかり。

最後にデータ入稿から刷版までの流れでの事故防止に関するセミナーを受けてきましたが、どこ様も同じような事象で悩んでおられることがわかりました。他社様のベストプラクティスを社内に反映できるよう頑張りたいと思います。
--
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年2月1日火曜日

パッケージ印刷の見積りご依頼のブーム

全国からの多種多様なパッケージの見積もりご依頼を眺めていると、大きく定番商品とブーム商品に分けることが出来ます。


定番商品の代表格といえば、健康食品、化粧品、雑貨関係ですね。
健康や美しさへの欲求はいつの世も絶えることがないということでしょうか。
健康食品は、パッケージのリニューアルの頻度も高いようで、リニューアルを機に新たな仕入先を検討されるお会社も多いみたいです。

ひと頃多かったのが、男性用アンダーウェア、ご当地カレー(レトルトカレーの箱)などです。
「カラフルなデザインの男性用パンツは、箱も見栄え良く!」ってことで形態にこだわられるクライアント様が多かったです。
ご当地カレーは、ほとんどが広告代理店さんからの依頼。価格面で厳しいイメージがありました。


そして今お問い合わせが多いのが「英会話教材の箱」
某プロゴルファーがCMに出てる教材のヒットにより、注目が集まっているようです。

パッケージの動きを見れば世の商品の動きが分かり、面白いものです。
 パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年1月31日月曜日

1月最後

今日で一月はおわりですが、なんだかものすごく長く感じられた1ヶ月でした。
12月より落ち着いたとはいえ、相変わらずバタバタと忙しい日々。今週はやっと少しゆったり目になってきたようです。

しばらく下火だったウェブサイトからのお問い合わせも先週からぐっと増えてきました。タイミング的にはGoodですね。

最近のお問い合わせの傾向は、既存パッケージのコストダウンを目指したお見積り依頼が多いこと。
当社、どちらかといえば金額高いといわれることが多いですが、智慧を出してお客様のコストダウンに繋がる提案をさせていただきたいと思います。

既存品をベースにしたデザイン変更などの際は、既存のパッケージをお送りいただけるとより正確にお見積りさせていただけます。

2月も頑張ってまいりますのでよろしくお願いします。
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年1月28日金曜日

印刷物の適正利益

 一口に印刷といってもいろんな種類、用途の印刷物があり、印刷会社によってかなり分業化されています。

例えば弊社は紙パッケージの印刷がメインですが、フィルムなどは作れません。また、シールや封筒なども外注します。我々は「製品買い」と呼んでますが、印刷物を仕入れてきてお客様へ販売することも多々あります。

自社で製造するものだと、会社の必要経費を賄う利益が捻出できるように金額をはじくのですが、仕入商品の場合、どの程度の利益をのせたら良いのかが永遠のテーマ。
可能なら仕入の倍の値段とかで売ればとっても儲かっていいのですが、そんな価格で買っていただけるお客様もいらっしゃらないでしょうし、かといって数%では営業マンの人件費も出ないことになります。


というわけで協力会社さんから出てきた見積りに何%のっけたら受注できるか、鉛筆舐め舐めしながら悩んでます。

パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年1月27日木曜日

価格競争

官公庁での入札に関して、「競り下げ入札」が検討されているとのこと。
「開始価格を示して、そこからどんどん安値を入札していき、最終的に手を挙げたところが落札。」という仕組み。
官公庁関連の仕事をしているところにとっては死活問題だとのことで、全国印刷工業組合連合会では反対声明を出していますが、公共団体も税収不足に悩み巨額の財政赤字に苦しむ状況では、導入は避けられないでしょう。

この競り下げ方式、どのようなやり方をするのか分かりませんが、応札者が役所に集まって行うものなら談合はやりやすいような気もします。一方で、インターネットで大多数が全国から参加できるような完全競争状態ならならとても過激なことになりそうな感じですね。

みんな価格競争は不毛だと思いながら、今日の飯を食うために下げる。こんなことやってちゃ、業界に明日はないですな。
パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年1月26日水曜日

悲願

これまでgoogleやYahoo!で「トキワ印刷」と会社名検索をすると当社サイトは他のトキワ印刷さんの次に表示されていたのですが、昨日調べてみるとトップ表示されていました!

後株だとまだ2番手ですが、、、

一方で、「パッケージ印刷」といったワードでは10位前後をウロウロ。googleエンジンの動きがなんだか怪しいので様子見ですが、コンテンツをより一層充実してお客様により良いものとしていきたいと思います。

パッケージ印刷・紙箱製造 トキワ印刷

2011年1月25日火曜日

お引越し

この度、ブログをお引越しいたしました!
これまでは、エキサイトさんのブログを使わせていただいてたのですが、今後はbloggerというgoogleが提供しているサービスを利用したいと思います。

引越しを機に名前も「トキワ印刷オフィシャルブログ」に変更いたしました。
Twitterとともにより皆様にお役に立つ情報を発信してまいりたいと思います。

これまでのエントリーもお引越しさせましたが、一部不具合などありましたらご容赦くださいませ。

パッケージ印刷・紙箱製造のトキワ印刷株式会社

2011年1月20日木曜日

よくやる間違い




先日、とあるお店でご飯を食べているときに割り箸の袋を見て間違い発見。
割り箸の袋に、紙のリサイクルマークが印刷されていました。

一見、
「ごみの分別がしやすいように気を使っているエコなお店だ!!パチパチ」
となりますが、実はNGです。

紙やプラスチックのリサイクルマークは「資源有効利用促進法(リサイクル法)」に基づいて表示義務が課されていますが、一般消費者が購入する商品が対象となります。
事業所で使われるものは、一般ごみではなく全て「産業廃棄物」として処分されなければなりませんが、リサイクルマークが入っていると誤って一般ごみとして処分される可能性があります。
それを防ぐために「表示しないでくれ」というのがお上の見解。

厳密に言えば「表示義務がない」ということなので、表示しても問題はないのですが、、、

ちなみに試供品やサンプルなどにもつける必要はありません。

パッケージ印刷のトキワ印刷

"
"


2011年1月18日火曜日

北海道GET!



ついに日本最北、北海道の企業様よりご注文をいただきました!

これで晴れて、

「北は北海道、南は沖縄まで、全国のクライアント様よりご注文いただいております!」

と胸を張って営業トークすることが出来るようになりました。

最近は海外からのお問い合わせもチラホラ。
Made in Japan製品を海外で販売したいので日本で箱を作りたいとのご要望。
弊社、残念ながらお取引は日本に事業所のある法人様のみとさせていただいておりまして、なかなかご要望に応えられないことも多いですが、何件か取引実績もございます。

まずはお気軽にご相談ください♪
パッケージ印刷のトキワ印刷

"
"


2011年1月17日月曜日

機械管理



弊社は印刷機の保全項目を日次/週次/月次の3レベルに分け、点検・整備を行っています。

従来はオペレータの勘や経験に頼っていましたが、徐々に計測装置を導入して数値で管理できるようにしていってます。

計測数値を見ると、保全を行う前と行った後で計測値がまったく違い、日々数値が大きく(悪く)なってゆく様子が見て取れます。

計測器そのものの精度を保つメンテナンスも欠かせなくなりますが、数字で管理することでよりきめ細かい管理ができ、品質の向上に繋がると期待しています!
パッケージ印刷 トキワ印刷

"
"


2011年1月14日金曜日

近年まれに見る、、、



12月の業績が出たので見てみると、
月次ではここ最近では最高の売上!!

さすがに12月は工場も営業もヘトヘト、、、
1月になって少しは落ち着いてきているようですが、引き続き頑張りたいです。

最近は、パンフレット関連の案件が何件か手元にあり、企画など考える必要があります。
日頃そっち方面に余り気を向けていないといきなり考えようとしてもなかなか発想が出てきません。。。
週末に色々リサーチしてみることにします。
パッケージ印刷・商業印刷 トキワ印刷

"
"


2011年1月13日木曜日

印刷機メーカーさんも大変、、、



「1/11に中堅オフセット印刷機メーカーのシノハラが民事再生法適用申請を出した」とのニュースが流れてました。

印刷屋が大変なら、印刷機メーカーはもっと大変なんでしょう。
シノハラは縮小傾向にある印刷関連の展示会などでも唯一印刷機を展示させたりと頑張っておられる印象が強かったですが残念です。

日本国内は明らかに印刷機が設備過剰な状況にあります。印刷機の営業マンから聞いた話では、大阪にある印刷機の台数とドイツ国内にある印刷機の台数が同じレベルだとか、、、
日本の印刷機メーカーも数が多すぎるんでしょう。これからマーケット縮小する状況では引き続き淘汰が進むんでしょうな。
パッケージ印刷・商業印刷 トキワ印刷

"
"


2011年1月12日水曜日

インターン生さんの面談



昨日は1日かけて、弊社に長期インターンに来ていただく学生さんと面談をしておりました。

大学も学部も違う学生さん4名それぞれとお話させていただきました。
どの学生さんも真面目で、真剣に将来のことを考えておられ、インターンにかける思いも並々ならぬものがありました。
大学1回生、2回生のころから将来の「就職」に対するプレッシャーが相当にあるのだなと同情半分。。。

そんな学生さんに来ていただく当社のインターンは「単なる社会人の真似事」では面白くないので、新規事業開発のプロジェクトチームを立ち上げそこにキーメンバーとして参画してもらうことを考えています。

目標は「月商100万円オーバーのビジネスを創る!」
2月から半年かけてプロジェクトを進め、成功に導きたいと思っております。

それにしても4人から一人選ぶのは非常に悩ましい。。。
パッケージ印刷・商業印刷 トキワ印刷

"
"


2011年1月5日水曜日

謹賀新年



皆様、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

弊社の今年のスローガンは
「つかむ」

何とか飛躍のチャンスを掴み、成長をとげたいと思っております。

本年もよろしくお願い申し上げます。
パッケージ印刷 トキワ印刷

"
"